プロフィール

小林ひろえ
名前
小林 ひろえ
生年月日
1969年1月10日生
趣  味
ゴルフ
所  属
維新の党
所属委員会
文教経済委員会 ニュータウン対策特別委員会 保健所協議会 表彰審査委員会

略歴

1987年
広島市立広島商業高等学校 卒業
2003年~2007年
優成監査法人に総務・経理として勤務
2011年
八王子市議会議員選挙初当選(2位 6411票)
2013年
みんなの党を離党し、無所属となる
2014年
結の党に入党後、日本維新の会と合流し、新政党「維新の党」となる

政治を志したきっかけ

一般家庭で育った私は、主人(元市議会議員)と結婚するまでは、政治とは一部の特別な人たちによって行われているものだと思っていましたが、妻として選挙を経験し、また、多くの皆さんに支えられている日々の活動を通して気付いたことは、政治とは、

決して特別なことではないこと
市民が身近に感じる存在でなくてはならない
ということでした。政治は決して特別ではなく、自分たちの行動で変えることができる。

今、手をつないでいる、その子供達の将来を変えることができるのは、自分自身だと伝えられるような議員になりたいと思いました。

私は、ブレない!

私は、4年前、「みんなの党」の公認候補として八王子市議会に送っていただきました。自民党でもない、民主党でもない、真に国民の市民の生活を考えた政策重視の政党だったからです。

その後、新聞報道にもあったように段々と渡辺前代表がブレてきて、結党当初の政策重視の政党にもどそうとしましたが、戻すことはできず、このままでは、私の政治信念とは違う方向に向かっていると考え、離党し、無所属となりました。

無所属になり活動していると、江田憲司幹事長が、みんなの党を離党して、新しく「結いの党」という政党をつくりました。元々、みんなの党の仲間として一緒に活動していたこともあり、結いの党からお声がかかり、私は、結いの党に入党しました。

その後、橋下徹代表の日本維新の会と合併し、「維新の党」となりました。政党を渡り歩いてるという方もいらっしゃいますが、私は、政治信念を曲げたくなかったので、自分自身がブレないために市民の生活を考えた政策重視の政党、維新の党に所属し、活動しています。

私は、ブレていません。